ナットウキナーゼ摂取のベストタイミング

ナットウキナーゼ摂取のベストタイミング

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、さまざまな効能を持っています。
その中でも健康を助けるために、血栓予防効果が注目されています。

 

ナットウキナーゼはいつ摂っても有効なのですが、摂るタイミングによって、やはり差が生まれてしまいます。

 

血栓予防目的であれば、「夜」がベストです。
なぜなら、血液が固まりやすくなる時間帯というのが、夜間〜明け方、つまりは夜の就寝中のことだからです。
ナットウキナーゼは8〜12時間ほど持続する物質であるため、夕食時に食べることで血栓予防効果があるとされています。

 

空腹時に食べると胃酸によってナットウキナーゼが影響を受けることがあるため、普通の夕食時に他の食べ物と一緒に摂ることをおすすめします。
また、加熱も影響しやすいので納豆はそのまま食べた方が効果的です。

 

納豆の美味しい食べ方はネットのレシピサイトでも掲載されているので、納豆を飽きずに食べるためにもレシピを参考にしてみてください。
また、ナットウキナーゼだけを摂るためにはサプリメントを活用する方法もアリです。
就寝前に摂ることで、同じように血栓予防効果があります。