動脈硬化とは

動脈硬化とは

動脈硬化は主に悪玉コレステロールによって発生します。
悪玉コレステロールおよび中性脂肪が溜まることで、血管は詰まりやすくなり、固くなります。
弾力性や柔軟性を失った血管はもろくなり、血液の流れにまで影響してしまいます。
結果、心臓や脳などの組織に必要な酸素や栄養が届かなくなります。
そして動脈硬化が発生すると、心疾患や脳梗塞といった命に関わる病気のリスクが高くなります。

 

動脈硬化はほとんど自覚症状がありませんが、血圧が高くなるにつれて、「手足のしびれ・痛み・冷え、息切れ、動悸」といった症状が見られます。
分かりにくいために放置してしまうと、高血圧や心不全を発症します。
そうしてさらに動脈硬化が進行してしまいます。

 

動脈硬化は生活習慣病および生活習慣によっても発症し、進行します。
まず、善玉コレステロールが減少することが原因の一つです。
善玉コレステロールが減ると悪玉コレステロールが増えるために動脈硬化になりやすいです。
これは喫煙も関係していて、タバコを吸うことで血流が悪くなり、さらに善玉コレステロールまで減少します。

 

それから、脂質異常症や糖尿病も原因になります。
脂質異常症は悪玉コレステロールが過剰な状態を言い、活性酸素の影響で悪玉コレステロールが酸化すると、ドロドロとした脂肪物質が造られて血管内に蓄積され、動脈硬化に進行します。
糖尿病の場合、ブドウ糖の過多によりコレステロールが酸化し、動脈硬化につながります。

 

高血圧も原因です。
血管に負担を与えること、その傷を収縮するために血小板が集まることで動脈硬化は進行します。動脈硬化が進行するとさらに血圧も上昇していく、と悪循環になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

動脈硬化対策の方法!

 

動脈硬化は生活習慣の改善で予防することができます。

 

@食生活の改善
主食はパンや白米より胚芽米がおすすめです。これはカリウムを含んでいるため、コレステロールの低下に有効です。
それから肉料理よりも魚料理の方が体に良い食べ物です。
とくに青魚はDHAやEPAを含んでいて血液サラサラに有効。
血液サラサラの面では、野菜の玉ねぎがおすすめ。玉ねぎは血栓や動脈硬化の予防に適切で、ビタミンB1と一緒に摂ると相乗効果があります。
野菜ではトマトも抗酸化作用があるため、動脈硬化の予防におすすめです。
リコピンやβカロテン、ビタミンCといった非常に抗酸化に強い成分がたっぷり含まれています。
納豆も健康によく、ナットウキナーゼは動脈硬化予防に良いそうです。

 

A適度な運動
激しい運動は体の負担になりますが適度な運動を習慣にすることは長生きのためにも必要です。
ウォーキングなど簡単な有酸素運動が動脈硬化対策に効果的です。

 

B十分な睡眠
睡眠不足になるとストレスが溜まり、動脈硬化を誘発してしまいます。
気分をリフレッシュするためにもしっかりと休息をとり、心身ともに回復させましょう。

 

Cサプリメントの活用
とくに食生活が動脈硬化および生活習慣病に関係しているのですが、仕事が忙しいとどうしても食生活の改善はうまくいきません。
そんなときに役立つのがサプリメントです。
DHAやEPA、セサミン、ナットウキナーゼといった成分が有効です。