高血圧とは

高血圧とは

血管内を血液が流れる際に、血管にかける圧力のことを血圧と言います。
血圧には収縮期血圧(俗に言う上)、拡張期血圧(俗に言う下)という種類があります。
収縮期血圧が140mmHg以上/拡張期血圧が90mmHg以上の場合を『高血圧』とします。

 

生活習慣病の中でも現代では高血圧患者が多く、これが原因になりさらなる重篤な病気を引き起こしてしまいます。
通常は心臓から血液が送り出された際に血管に圧力がかかると、ピンッと伸びるはずですが、血管が狭まっている場合は圧力によって膨らんでしまいます。
すると、血管壁が薄くなり、非常に傷つきやすくなります。そしてさらに傷つくと、血管を修復するために血小板が集まることで血栓が作られやすくなり、動脈硬化が起こり進行してしまいます。

 

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚症状がほとんどないために危険な病気です。
知らずのうちに放置してしまい、動脈硬化が進行して心臓病や脳卒中を引き起こしたり、さらに重篤な病気へ発展しかねません。
定期健診を受けるなどして、早めに高血圧を自覚することが大切です。

 

自覚症状が少ないと言っても、頭痛が頻繁にしたり、肩こりやめまい、足がむくむといった症状が見られます。
動悸などがひどいと感じたら、早めに病院で診察を受けましょう。

 

昨年の検査で血圧に問題がなくても、今は血圧が高くなっているかもしれません。
ですから、必ず定期健診を受けて、もし再検査や通院を提案された場合は早急に病院で治療を取り組んでください。

 

ちなみに自動血圧測定器は家庭用もあります。これを使用して定期的に調べるのも効果的です。
測定の際は「安静にすること、軽く肘を伸ばして胸と同じ高さにすること」など説明書にある通りに使用してください。

 

血圧は1日の時間帯によっても変化するため、1日2回測るようにしましょう。
朝起きて少し時間が経ってから1回目、2回目は夜就寝前に。
定期的に測ることによって平均的な数値が分かります。

 

 

 

 

 

 

高血圧になりやすいセルフチェック

 

次の項目で当てはまるものにチェックしてください。

 

□男性の場合は60歳以上、女性の場合は65歳以上
□喫煙者、家族や周りに喫煙者が居る
□BMIが25以上ある
□近親者に脳卒中・心筋梗塞、高血圧患者が居る
□高脂血症と診断されたことがある
□糖尿病である
□食事は薄味より濃い味を好む、よく食べる
□野菜をほとんど食べない
□運動の習慣がない
□お酒を大量に飲む

 

以上の項目で2つ以上当てはまる方は高血圧になりやすいタイプです。
遺伝性もありますが、ほとんどが生活習慣が原因とされています。
つまり、生活習慣を改善することで高血圧のリスクを低下させることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣の改善ポイント

 

@禁煙する
高血圧の方には禁煙を推奨します。
高血圧と診断されていない方も、できれば禁煙を始めてください。
タバコ1本で寿命が5分縮まると言われるほど、喫煙は害しかありません。
禁煙が難しい場合、減煙でも構いません。
少しずつでよいのでタバコを減らしていきましょう。

 

A減塩
食事では減塩を心掛けてください。
塩分の必要量は1日たったの10g以下とされています。すでに血圧が高めの人は8gが目安となっています。
濃い味付けの食べ物は避けて薄味の料理を食べるようにしましょう。

 

Bカリウムを補う
カリウムは塩分排出に働く栄養成分です。カリウムを摂ることで高血圧予防にもなります。
ちなみにカリウムは水溶性なので調理に気をつけながら、1日2〜4gを目安に補ってください。
食物繊維も塩分排出に良い栄養成分で、コレステロールや便秘解消にも効果があります。

 

Cサプリメントを活用する
治療中の方は担当医との相談が必須ですが、やや血圧が高めで改善したい場合にサプリメントはおすすめです。
食生活や喫煙などを見直すのが前提ですが、サプリを上手く活用することで効率よく血圧の安定をはかれます。
血圧を下げるサプリ素材ではオリーブリーフ、カリウムなどがおすすめ。
血流に関わるのがカルシウムや黒酢といった成分です。
それから、悪玉コレステロールの酸化を防いだり低下するためには、キトサンやセサミン、霊芝といった素材も効果的です。

 

また、「ナットウキナーゼ」も有効です。
高血圧に関連する血栓に働きかけ、血栓を溶かす効果があります。
納豆には血液凝固成分も含まれていますが、それを除いたナットウキナーゼのサプリならより効果的です。
サプリメントやナットウキナーゼは即効性がありませんが、継続して利用することできっと成果があらわれるはずです。