活性酸素との関係

活性酸素との関係

活性酸素というのは悪いイメージが浸透していますが、実は人体に有用な働きもあります。
そもそも人は酸素なしでは生きられません。

 

呼吸によって取り入れた酸素は赤血球にのり、糖分や脂肪分の燃焼に働きます。
そしてさらにエネルギーを作るのですが、この際に酸素は燃えます。このとき約2%は活性酸素に変わります。
活性酸素は体内に侵入してきた細菌およびウィルスといった病原体を分解する働きがあります。

 

このように有用な働きがある反面、活性酸素が増えすぎるととても厄介です。
・異物を溶解する作用により正常な細胞まで溶かしてしまう
・細胞に対して刺激を与えてしまう
・ガン細胞の発生を助長する、DNAにダメージを与えてガン細胞を作る
・白内障に影響する
・シミやシワなど肌トラブルに影響する

 

活性酸素は体内の物質を酸化させてしまい、さまざまなトラブルの原因となります。
たとえば血液中のコレステロールに活性酸素が影響すると、コレステロールは酸化によって過酸化脂質に変わり、悪玉コレステロールと変貌してしまいます。
このような変化がさまざまな病気の原因となります。

 

たとえば、重篤なものでは脳卒中や心筋梗塞です。
その他にも、アトピー性皮膚炎や白内障、肩こり、神経痛不眠、二日酔い、さらにシミやシワといったトラブルを引き起こしてしまいます。

 

そもそも、どうして活性酸素が過剰に発生してしまうのでしょうか?
その要因はいくつかあります。
ストレス、紫外線、喫煙、飲酒、電磁波の影響、ウィルス、放射線や大気汚染、抗がん剤、着色料など。

 

そして、「激しいスポーツ(運動)」です。
しかし適度な運動は健康体に欠かせません。
実際に中高年を対象にした試験によると、汗ばむ程度の運動を週2回、30分してみたところ、3か月後には酸化速度が落ちて、逆に抗酸化能力が平均10%向上したとのことです。
この試験で結果が見られなかった(抗酸化作用が上がらない)人の共通点を見てみると、「激しい運動をした」や「運動不足の人が急激に運動した」ことが原因と考えられます。
要するに激しい運動で筋肉が一時的に無酸素状態になるため、これがストレスを発生させて活性酸素を増やしてしまったようです。

 

ですから、激しい運動は必要ない、むしろしない方が身のためです。
適度な運動を心掛けた方が活性酸素を増やさないために有効です。

 

そして、運動の他には活性酸素発生の原因を失くす生活習慣が大切になります。
食生活ではミネラルを十分に補給し、抗酸化作用のある食べ物を摂ること。
飲み物も緑茶を選ぶことでカテキンの抗酸化作用を取り入れることができます。
また、ポリフェノールを含む食べ物も有効です。ポリフェノールの他には、ビタミンBやビタミンC、ビタミンEが抗酸化作用のある成分です。

 

その他には紫外線対策をすることや喫煙や飲酒を控えることも大切です。
飲酒は完全に禁酒しなくても構いませんが、適量を飲むようにしてください。
そして、ストレスは活性酸素過剰発生の原因になるので、ストレスを解消することも大切です。

 

それから、発生した活性酸素をいかに除去していくかが大切になってきます。
そもそも体には本来、活性酸素を除去するための機能が備わっています。
『スーパーオキシドジスムターゼ』略してSODという抗酸化酸素が体内に潜在しています。
しかしこれは年齢と共に減少していき、とくに40代になると働きは低下します。
SODを正常に保つために必須ミネラル(亜鉛、銅、マンガンなど)が必要となってきます。
他にも、鉄やセレニウムで成り立つ「グリタチオンペルオキシターゼ、カタラーゼ」といった抗酸化酵素が存在します。
ですから、活性酸素の除去にはミネラルが欠かせません。

 

要するに活性酸素を除去するためには抗酸化作用という働きが重要になってきます。
ここで「納豆」が関係してきます。
納豆には抗酸化作用に優れたミネラルのセレンが含まれています。
ビタミンEに比べても40倍ほどの効力を持っており、抗酸化作用がばつぐんに強いです。
過酸化脂質を防ぐためにも有効で、さらにガンと闘う際にセレンが消費されていくことから、セレンの補給は非常に重要性があると考えられています。